[

条件を指定して再検索

K

イラストレーターについて

Eイラストレーターの将来性

イラストレーターとしてフリーで活躍している方は多くいます。 また組織に属している方よりも収入が多い方もいますが、逆に低くてムラがあったりする方もいます。

トータルに考えると将来性はやや不安が大きいほうといえるかもしれませんが、需要は常にある、というカテゴリーの職種でもあり、またこのタイプは比較的少ない部類に属します。ポスター、チラシや雑誌、色々なキャラクター像まで、イラストレーターが手掛けるものは常に人々の身の回りに溢れていることがわかりますし、ここまで到達したいという目標に近づくことは大変ですが、目標設定を間違えなければまずある程度のスキルは問題なくついてくる、とも言えるでしょう。

また将来性を高めるためのコツといえば、コミュニケーションができること、相手の気持ちを汲むことが上手な方、などが特に理想的と言えます。やりなおしが入ってしまえば単なるサービス残業に明け暮れてしまい、新しい注文を受けることができなくなるかもしれません。
しっかり注文を受けておくことにはまず大きな価値があると言えます。

またイラストの技術だけではなく、例えばグラフィックデザインのスキルもあれば仕事もより多く入ってくるようになったり、イラスト制作にも活かして幅を持たせることも可能です。色々な世界観を勉強し、その中にぴったりと嵌るような、自信のあるイラストをできるだけたくさん描けるように、日々努力することがまず一番だと思います。

イラストレーターについて

  • イラストレーターとは

    イラストレーターはイラストの使用料、また権利譲渡をすることで利益を得ていく商売ですが、主に出版や広告、WEB業界などメディアに対してイラストを提供する立場と言えます。また最近は個人からの依頼に基づいて制作するケースも多いようです。 まず基本は外部からの依頼に基づいてイラストを描く立場と考えられま…

  • イラストレーターに向いている人

    やはり一番は絵を描くことが好きなこと。嫌いではどうにもなりませんし、よく絵心とは言われますが、自分なりにタッチを持っていること、自然とスラスラ描けるような方が向いているでしょう。 また向上心も大切です。自分が描ける範囲はここまで、と諦めずに磨いていくこと、イラストといっても色々なタイプがあります…

  • イラストレーターになるには

    もう1つ大事なのは絵を描く素養です。 自分のスキルで描いてどうか、描いたものを何かと比較してみたりしてある程度判断可能だと思います。 もちろん下手でも学んでいくことが可能です。 では美大を卒業したらなれるでしょうか? 学科にもよりますが、卒業後すぐにクライアントができて仕事も舞い込んで…

  • イラストレーターの仕事内容

    イラストレーターって漫画家とは違う。その通りです、自分の描きたいものを描くのではなく、広告代理店であれば担当営業者から希望を聞き、その上で枠に沿って描いていくのが基本です。 まずはイラストの種類を打ち合わせで決めるところからスタートし、ラフで描いたり、初めに数点描いてみたりして納品、また作風がマ…

  • イラストレーターの給料

    資格といってもツール的なものも含まれます。つまりドロー系ツールとして有名なIllustratorの資格であれば欲しがる方はかなり多いと思います。 Illustratorクリエイター能力認定試験は、まさにAdobe Illustratorを使ったコンテンツ作成の全般にかかる能力を試すための資格…